乾睦子の玉虫色日記

「楢ノ木大学士の野宿」など読了

新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

宮沢 賢治 / 新潮社



宮沢賢治作品から「楢ノ木大学士の野宿」,「虹の絵具皿」(十力の金剛石),「銀河鉄道の夜」を読みました.上の本を読んだわけじゃなくて,青空文庫というインターネット上の図書館で.なんと自由に読めるのだ,著作権が切れてるから.この青空文庫,他にもたくさんの作品がすでにアップされていて,入力等はボランティアの方なんだって.素晴らしい活動ですねー.感謝です.

さらにこの青空文庫の作品をKindle仕様にしてくれる青空キンドルというサイトを利用してKindle3に放り込み,冬休みに旅行先で読むことができた.ここにもまた感謝.

そしてKindle3は重さが薄手の文庫本と同じくらい.ディスプレイが光ってないから,つまり腕も目も疲れない.やっとこのKindle3をうまく使えた感じがあるわー.

「楢ノ木大学士の野宿」は火山と岩石中の鉱物が大騒ぎしてくれるので,火山・岩石好きにお勧め.

「虹の絵具皿」(十力の金剛石)は美しい鉱物オールスターな感じなので鉱物・宝石好きにお勧め.

そして「銀河鉄道の夜」は・・・再読だったけどやはりいいですねー.そしてこの物語にもこんなに鉱物名がたくさん出てきたとは記憶になかった(以前読んだのは多分この業界に入るずっとずっと前).

設定に関して余分な説明のない物語は,その分,余韻を残す.でも物語の内容だけじゃないんだよね.世界観とか何とかよりも,言葉やセリフのリズムが何となくいいっていう要素が大きいんじゃないかなー,宮沢賢治のものは.

耳から聞きたい感じ.どれも.

人気ブログランキングへ←明日で今年ももう10日目か・・・
[PR]



by inui56 | 2011-01-09 21:06 |

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧