乾睦子の玉虫色日記

何の役に立つかなんて分からない

先月のことだけど,中学校の国語の教科書というのを見せていただいた.

すごくきめ細やかでびっくりした!

何がきめ細やかかというと,学ぶ理由・目的のところ.それぞれの項目を,キミ達はこれこれのために学ぶのだよ,というのが,目次に一覧表にされていた.「~詞を学ぶ」,「感情を表現する」とかなんとか(うろ覚え).そのために国語を学ぶ.

とても考えさせられた.いや…今時の教科書が全部コレだとしたら…大学生から「こんなこと勉強して何の役に立つんすか?」ていう質問が頻出するのも無理ないなと…

そのページに載ってるその文章を学ぶ,そのためのモチベーションは上がるかもしれない.その学年の国語教育だけを考えたらそれはとてもよい教科書であるに違いない.

だけど…どうなんだろう,そういう風に意味づけしていこうとしたら,いわゆる「一般教養」なんて,意味づけできないもの多くない?古文漢文やら歴史やらだけでなく,三角関数とか重力と加速度とかベンゼン環とか「モル」とかも一般教養だと思ってるけど,「モルなんて使わねーし」ていう感想はよく聞くのだ.

使わねーかどうかなんて分からんよ.

化学系の会社の営業職につくかもしれないじゃん?

そうじゃなくても,全然違う,たとえばシステム系に就職したとしても,取引先の化学系メーカーの要望を理解する必要が出てくるかもしれないじゃん?

会議で他の人が難なく理解してる様子の製造工程の話を,自分だけ理解できなかったら?

凹むよ.ま,そういう時なわけですよ,大学生の学びが効いてくるのは.その時勉強しようと思ってもヒマがないことが多い.

意味分からなくても与えられたものを学ぶ,という時期も人生の中にはあっていいと思うなあ.私達の頃は詰め込み受験教育がまさにそんな感じだったわけだけど,今時の人が学ぶ意味を懇切丁寧に説明されて大学に入って来ているとしたら…逆に大学生にはまず「意味分からなくても勉強しとけ!」てとこから始めた方がいいのかなあ…

しかし現状のガイダンスでは逆で,「大学というのは,今までと違い,目的を持って自主的に学ぶところだ」ていう風にガイダンスするわけですよ.

それはそれで事実だし…

人気ブログランキングへ←要は両方なんですかなー
[PR]



by inui56 | 2012-04-11 06:44 | 大学

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧

私の所属とつぶやき

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧