乾睦子の玉虫色日記

厚手をゆるく着るか,薄手をしっかり着るか -防寒着の着方-

グルノーブルで(大人になってからは一番)寒い土地で冬を過ごしてみて感銘を受けたこと,それは,売っている上着コート類が意外に薄手のものばっかりだということだった.

それで当時もこんな記事(しっかり薄着する)を書いてたんだけど.要約すると,グルノーブルでは薄手の上着に帽子・マフラー・手袋・ブーツしっかりで寒さに対応するようだ,と.東京では大して寒くなくても厚いダウン,しかしそういえばしょっちゅう前をあけてるなぁと.

で,それ以来,「断熱性は弱いけど隙間風を断つ」グルノーブル式と,「高断熱素材を多用する」東京式とは,それぞれの土地に合った方法なのかと時たま考えるのだけども.

2年たった今でも,これ,逆なんじゃないか?と思っちゃうんだな.

だってね,グルノーブルはびっくりするほど風がない土地だった.気温が低いだけなんだよ(一日中氷点下な日がしばらく続いた,くらい).だからそれこそ高断熱素材で保温して耐えるのが向いてる気が……しない?

一方の東京はと言えば,気温は大して低くない.めったに氷点下にならないし.ただ風がピューピューで,ただただ風があるから寒いのだよ.高断熱素材は本来必要なくて,薄い素材で風を防ぐ方式の方が……よくない?

とかなんとか考察しても実際には反対なんである.

結局,そういうことじゃなくて,あっちが車社会だから,ていうことで決まってるのだろうなぁ.あとはあっちの人はそもそもそんなにファッションに凝らないからとか.

東京のファッションは素材だけじゃなくあらゆる点でやたらバリエーション豊富.店でカラフルなダウンあれだけ売ってれば買われて着られるよね,ていうことか.寒くないわけじゃないんだし.

人気ブログランキングへ←というわけで今冬は帽子による防寒に挑戦.
[PR]



# by inui56 | 2012-11-28 06:02 | 暮らし

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧