乾睦子の玉虫色日記

下校風景

坊が通う小学校は公立なので,たぶんごくふつうのフランスの小学校.授業は8:30~11:30と13:30~16:30で,11:30と16:30に保護者がお迎えに来てください,ということになっている.

坊は,前から書いてるように学童保育的なものに入っているから,普段はそのお迎えがないのだが,先日パパが一瞬(マジ一瞬でしたお疲れ)来た時,坊も「家で昼食をとる」という日本では経験しないであろう小学生生活を経験した.

今日はその下校風景をどうぞ.

昼日中の11:30.校門前でばらばらと待つ親達.誰もいない静かな校庭.

校庭の向こう側の校舎の木の扉がバタンと開き,子供達が駆け出してくる.

お昼の一時帰宅では通学鞄を持たないので身一つ.すごく身軽.先頭の子はもう本当に転がるように校庭を突っ切って走ってきて・・・走ってきて・・・その子が自分で校門を開けて・・・そのまま走り出てきてまっすぐ親の元に.

後に続く子供達も次々と出てきてそれぞれ親の元に.

順次散る.

以上.

「迎えに来い」ということになってる割には,まったく管理されていない下校風景をお送りしました.

人気ブログランキングへ←カジュアルだなー



by inui56 | 2009-10-01 13:25 | 暮らし

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧