乾睦子の玉虫色日記

警報がなったら避難するか

職場にて,とある夕方,建物内に大音量の警報が鳴り響き始めた.装置の異常アラームとかじゃない,聞き間違えようもなく「避難しろ」っていう意味の警報だった.

それで私はといえば,これは避難訓練なんだろうか,フランス語の壁でそういうことにも気づけないから困るな,しかし本物だったらもっと困るよな,さて皆はどういう反応をするんだろうか,などと思いながら,ちょうど帰るタイミングだったからPCを消したり荷物をまとめたりしながら廊下の様子をうかがってた(ここは各部屋に1~2人ずつが入っている形,私の同室の人はたまたま不在だった).

しばらくしたら人がどやどやと廊下に出る音が聞こえ始めたので,私も廊下に出てみたら,皆さっさかオフィスの扉を閉め,どっと非常口に向かっていたので結構驚いた.通りがかりに「こういう時はあっち(建物の中央階段)に行っちゃいけないんだよ」と私に教えてくれる人もあり.

で,うへー意外とホンモノ?と私も慌てて部屋の暖房を消し,帰り支度を整えて非常階段から外に出た.退去したらミーティングポイントに集合する決まりだそうで,人がわらわらとその辺に集まっていた.私は場所だけ確認して,お迎えのために帰らせてもらった.

つまり何が言いたいかというと,フランス人のみなさんの迅速避難に驚かされた,ということ.協調性ないないと言われている人々の.

避難警報が鳴ってるんだから,協調性も何も,各自の安全のために当然のことなんだけども.日本だったらこういう時何が起こるだろうってつい考えてしまう.みんな廊下にまでは出るだろうけど・・・えー訓練なんて聞いてないよね?と言い合ったりとか・・・事務室に電話かけて確認する人続出とか・・・誤報だったら担当者平謝りとか・・・?

翌朝聞いてみたらあれはやっぱり訓練だったそうで,時々やられて,担当者が所要時間を計測している,とのこと.事前に知らされてたのかと聞いてみたら,「知らせたら意味無いじゃん?」いやまったく仰せの通り.

でも日本で抜き打ち避難訓練なんてやったら,「業務を中断させられて損害が云々」というような文句が出ること必至だよね.もともとそういう声の方が大きくて事前通告スタイルが定着したんだろうか.そしてそういう慣習ができてしまった今は抜き打ち避難訓練なんて有り得ない,と.

ところで今回も,慣れてる人の中には自主的に「逃げ遅れた」人も当然いたらしい.変に協調性ってもんが要求されないだけに,その辺も各自の判断で,てことなんだろうね.

人気ブログランキングへ←本質的なところを押さえてる,と思った



by inui56 | 2009-11-21 15:49 | 大学

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧