乾睦子の玉虫色日記

うちの裏山(ウソ)

今日はうちの裏山(ウソ)を紹介します.

今の住まいのすぐ近くにある公園.起伏が大きい.
b0184113_772857.jpg

全面雪だと余計に分かりにくいけど,起伏というより,後方に見えている山に半分登りかけている感じの斜面なんである.これがうちの裏山.もうソリ遊びのためにあるような素晴らしいゲレンデ.

以前の記事で書いたように,グルノーブルって,市街地が平らでその周囲が突然山なんだけど,ちょうどその平地と山地の境目あたりに今私達は住んでるみたい.逆に言うと,この山はグルノーブルを囲む山々の連なりのひとつ.この山に登っていくと,デルフリ村みたいなのがある.

上の写真の中央あたり遠くに,赤いソリを引っ張って頑張って斜面を登る坊がいます.言わせていただければ行き過ぎです.自分の能力を上回る急斜面まで行こうとするもんだから,いざ乗ろうとしてソリだけがつつーっと滑ってっちゃったり,ソリが斜めのまま滑り出して結局こけたり,思うように行かず昨日はかなり欲求不満の坊であった.

まぁそれもソリが楽しければこそ.日本に帰りたくて仕方なく,毎朝「帰るまであと○○日」とカレンダーで数えている坊なので(おかげで私は焦る),グルノーブルに雪がたくさん降った年でよかったよなー.いつまで続くかなーこの雪景色.

坊のソリで面白いのは,ただ滑るんじゃなく,人と競争したいみたいなの.

よそのお兄さんお姉さんが滑り出すのを待って一緒にスタートし,相手の了解を得ずに勝手に競争している.

今日も夕方から公園に繰り出して暗くなるまでやってきた.
b0184113_7463278.jpg

坂の上から見下ろしたところ.遠くに街の灯が.

嬢も坊の後ろに乗って2回ほど滑ったものの・・・大して面白くなかったらしく,「もういい」と言ってあとは抱っこマン.この抱っこマンを抱えて,なかなか止められない坊を引きずって,最終的には険悪な雰囲気で帰らねばならないのが楽しすぎるソリ遊びの難点ではある.

あと子供達と自分の帽子,マフラー,手袋がもうあちらこちら散逸して管理しきれないのも最近の悩み.毎日のようにそのどれかを探してる.

人気ブログランキングへ←すでに嬢のマフラーと手袋,坊の手袋各1つなくした



by inui56 | 2010-01-11 08:02 | 暮らし

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧