人気ブログランキング |

乾睦子の玉虫色日記

動物の名前と"in"と"en"

近くのスーパーには,小さいながら本のコーナーもあって,絵本やら塗り絵やらワークブックやらが置いてあるので,たまに買ってみたりする.

一般的な動物の名前などがイラスト付きで並んでいて,綴りが示してあって,書いてみましょう,て感じなので,坊にとってはごくふつうに学校でやっている「べんきょう」.嬢にとってはふつうに塗り絵.

当然ながら私にとっても勉強になる.ただし私は目で綴りを見て覚えることに.で,未だに綴りからさっと音が出てこないのが「in」と「en」である.ついつい「イン」「エン」と読んでしまうんだけど・・・

実際にはどっちも「アン」になる.正確には「in」は「アン」だけど,「en」は「オン」に近い.ちなみに「an」も「オン」で,「un」は「アン」だ.「on」は「オン」だけど普通の「オン」よりももっと口をすぼめた狭い「オン」だ(そしてこれら全部が鼻母音というやつだ.つまり「ン」をはっきり発音しない).

とか言っててもワケが分からないので,例えば,坊が言うには「パングワンってペンギンのことだよ!」

これね,綴りを見れば「pingouin」で,ペンギンだということは容易に想像がつくんだけど,耳から聞くと全然予想外の音になってる.イルカは「dauphin」で「ドーファン」だし,蛇は「serpent」が「セルポン」だし,ウサギは「lapin」が「ラパン」,猿は「singe」が「サンジュ」

嬢もずいぶん動物の名前は覚えているようだ.今日は「ワニってフランス語で何ていうの?」と坊に聞いていたら嬢が横から「コッコディール!」(crocodile)と教えてくれた.家ではその単語まだ出てきてない.遊びに出てくるんだねー.

あと,保育園のウサギのおもちゃを指して「ラパンがいるよ!」と教えてくれた後,アヒルのおもちゃを指して「とりにくいるよ」とも言っていた.とりにく?!

人気ブログランキングへ←それは教えてません



by inui56 | 2010-02-16 08:01 | 暮らし

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧