乾睦子の玉虫色日記

ドレミファと,日本の生活が忙しい理由

フランスで小学生になっちゃってたというのに,この3月はまた保育園に行かされ,しかもそこの園はちっちゃい子ばっかり(同い年の子がいない)で,不満な坊であります.ではありますが,不満を表明しつつも行ってくれるし,園でお友達に折り紙を教えたりしてるらしいよ.成長したもんだのう・・・.

その園でピアニカをやったらしい.「きょうね,ピアニカでこういう歌やったんだよ!」ととある有名なメロディを歌ってくれた.え,ピアニカなんてできんの?と聞いたら

「うん.み・り・う,って押すんだよ.み・り・う・り・み・り・ど・ど・う・・・」

はい,何の歌か分かった人は挙手願います(ヒント:坊はまだカタカナを覚えきっていない).

そう,坊の言う「り」は実は「ソ」であり,「う」は本当は「ラ」であると推測される.つまり,メロディは「春の小川は~♪」である.

ブログ滞ってたけど,こんな具合で毎日なんとかやってます.日本に帰ってきた途端にせわしなく時間に追い立てられる人に戻ってしまったため,記事を書く時間をなかなか見つけられない.

一体なぜ帰国しただけでいきなりせわしなくなるのか,ちょっと考えてみた.下記の5つに整理できるかなぁ.

1. 日本では事実忙しい(まぁね,本属に戻ってきたので普通にすることはあるし,一方で子供の入園入学準備をまとめてしなければならないし,その入園入学準備事項がフランスの場合よりも多いし,ぶっちぎっていた定期健診や予防接種も今やっちゃおうなどとなると・・・)

2. 日本ではせわしなくいろいろ出来ちゃう(フランスではタクシーを拾うのも容易でなかったし,街中でコピー機を探すのも大変,夜中や日曜にコピーなんてのはほぼ不可能.急ぎたくても諦めがついた).

3. フランスでは言葉の壁に守られていた(もし仮に便利なサービスがあったのだとしても,私は知らなかった.入園入学準備で本当は面倒なことを言われていたのだとしても,私は知らなかった.何もやらなくてもとくに注意されなかったのも,ガイジンだからということはあり得る).

4. フランス滞在は「期間限定」だという意識があった(だから例えば,食事の手抜きもそれほど罪悪感なかった.連れ合いの助けを得られなくて当然なので,できることだけしてた).

5. 日本の家にモノが多い(フランスの家には,半年の生活に必要な品だけがあったので,散らかってもすぐ片付いた).

ま,この5番が最大の要因だな,敢えて選べば.フランスから持って帰ってきた荷物が床を占領している上に,さらに天袋から冬物衣類の箱を出してきて広げたりしたから(日本を離れた時は夏だったから,夏服が前面に出ていた).

今は何を取り出すにも3段階くらいモノを動かさねばならなかったりする.しかもそれはまだモノの在り処が明確な場合であって,それ以上に探しモノしてる時間がすごく長かったりする.

と,いうわけで今「モノを処分したい」というモチベーションが非常に高まってる.この機に憧れのシンプルライフなるか?

人気ブログランキングへ←絶対ならない



by inui56 | 2010-03-24 16:17 | 暮らし

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧