乾睦子の玉虫色日記

日本人がすぐ傘をさす理由

ここしばらくはフランスかぶれになるつもりだけど,ある一点に関しては諦めた.その一点とは・・・

ちょっとやそっとでは傘をささないフランス人のマネ.

無理ですわー.日本の雨は平均的な雨粒の大きさが大き過ぎる.雨粒が大きいってことと,時間当たりの降水量が多いってこととは関係あるだろうね(落ちてくる速度が速くなるもんね?).例えば東京で雨の中駅まで10分歩くって考えたら・・・普通はぐっしょり濡れることを想像するでしょ.

グルノーブルで遭遇した雨のほとんどは日本で言う「霧雨」「小糠雨」だった.駅まで10分歩いても,まぁちょっとフードでもかぶってれば問題ない.フードの生地が防水じゃなくても全然大丈夫なくらいなんですわ.

半年過ごした間,短時間のスコールみたいなのは何回かあったけど,それらは短時間で済むので雨宿りでやり過ごせる.

もちろん日本みたいな大粒の雨が長時間降った日も無くはなかった.1~2回はあった.そういう日はフランス人達が「今日はすごい雨だ!」と言いつつ,まぁそれでも習慣で傘差さずに車から建物まで走ったりしていた.年に数回のことならね.そうなるよね.

要するに,グルノーブルでは普段の雨が傘差さない雨なのであり,東京では普段の雨が傘差す雨なのだな.

ま,傘を差さない主義を気取るなら雨の日におしゃれなレインコートを着れば,とも考えた.少なくとも子供にはそうさせようかとも一瞬考えたんだけど・・・梅雨に入ってからの蒸し暑さに,それもあり得んことだと悟った.この暑さの中風を通さないレインコートを着せて歩くのは酷だよね.横殴りの雨とかでない限り.

グルノーブルでは夏には雨が少なかった.雨が多い時期には,もともと着こんでるし,フードつきの上着を着てる確率も高い.というか,フードつきを着とけば大抵の雨には対応でき,傘を持ち歩く必要がない.楽ちん.

暑い時期に雨が多いっていうのも傘が活躍する要因なんだろう.そこ,実は今回初めて気づいた.

つまり何を言いたいかと言うと・・・嬢の傘を買いにいかねばならんです,この週末に(坊がこの頃使っていた傘はぼろんぼろんに壊れた.男の子意味分からない).

人気ブログランキングへ←蒸しますなー



by inui56 | 2010-07-03 05:59 | 暮らし

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧