乾睦子の玉虫色日記

「借りぐらしのアリエッティ」を見た

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

スタジオジブリ

昨年の暮れに,この映画をTVでやっていた(のを録画した)のを見た.

事前の学生情報では…「小人の話っす.それだけっす!」てことだった.で,見てみてどうだったかと言えばまあ…そんな感じでしたかかしらねえ…好意的な評価でも「小人から見た世界が美しい」としか聞かなかったからねえ…まあそれを見る映画なんだろう.と思いました.

小人から見た世界っていう意味では,水の表面張力の大きさがそこここで強調されていたよねえ.ティーポットから水がすーっと出てこないで,ポタッポタッとコブシ大(小人の)の水滴で出てくるっていう.レイノルズ数とかいう単語を思い出しながら見ていた.

だったらあなたたちの体内のその細そうな血管には一体どういう血液が流れているの?とか野暮なことも考えつつ.

でもジブリ映画の映像の細部に凝るところ,美しさや表面張力もだけど,よくよく見るとおふざけを発見できたりするあの感じが私は好き.物語中に出てくるドールハウスの細部なんて,よくよく見たらきっと楽しいことが眠っていそう.そういう意味ではもう一回見てもいいかな.

ちょっと残念だったのは,小人達から見た世界,という以上のものがなかったことだねえ.例えば,小人達の同族がすごく減ってしまった,というようなセリフがあったけど,じゃあ昔はどのくらいいたのか.人間が今みたいな都市生活を営み始める前はどんなだったか.

小人達の存在が何か人間の歴史上の出来事に影響してた,みたいなエピソードがあるとさらに良かったかな.徳川家康の情報戦勝利の陰には小人たちの貢献があった,みたいなの.

原作を読んでみたい.映画のストーリーに入ってないそんなエピソードがあるのかどうか.

人気ブログランキングへ←いや徳川家康はないだろうが.海外の小説だから.



by inui56 | 2012-01-10 06:40 |

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧