乾睦子の玉虫色日記

数字を見る会議

毎年この時期に行われる,全教員による会議が済んだ.それはどういう会議かというと,あれこれあれこれあって,要するに来年度の各学年の在籍者数を出す,というものだ.

この会議に出る度に,ああここ理工学部で良かったな…って思うのだ.以下その理由.

この会議,学部全教員40余名でやる会議としては年間でもっとも数字とにらめっこの会議だと思う(もっと少人数の会議ならそういうのざらですがね).数字っつってもお金ではなく人数なので,結構単純な整数だ.

基本はまず資料が配られて,○○学系の現○年生が何名,云々……てひとつずつ全員で確認して,したがって来年度の○年生在籍者数は○名の予定,はい,承認.ということになるわけだけど,だいたい「ここの数字にはこの休学者数を足したら計算が合わないんじゃないですか」とか,とかいうややこしいことになって全員で「え~っと???」てなってる時間があったりする.

何年生が何人,てことはつまり,卒業生や留年者の数を決めることも含むわけで,とても大事なことだからね!疑問があったらそれは解決せねばならない.

この数字だらけの表をにらみながら「え~っと???」てなってる時,理工学部所属で良かったなーと毎年思う.

なぜかというと,この最中に「俺ァ数字はだめなんだよw!」と大声で言い出して周囲のテンション下げたり,果ては「数字ずっと見てると頭痛くなるんだよ.なあwww!!!」と周囲に同意を求めてさらにテンション下げさせるような人が決して出現しないことだ.よくあるタイプだと思うよ,どうですかね???

別に数字ったってせいぜい2~3桁の足し算引き算だから文系も理系もないんだけど,数字がキライ,を自慢するオジサマには会社員時代にお会いした覚えがある…気がする……(その数字に「円」という単位がつくと大丈夫だったりしてさw.記憶によって捻じ曲げられた偏見かもしれないけどそんな印象がある).

別に大して面倒なことでなくても,「面倒だよな???」て大声で同意を求められると面倒になってくるもんじゃないすか?まったく人間って困ったもんで.だからそういう空気にならないことをとてもありがたいと思ってる.

ほんとそういう場面だけは見たことない.みんなで辛抱強く「え~っと???」てなってるから素晴らしいです.いやほんと.

しかし大学のこういうところって意外とまだアナログなのだよね.たぶん,カリキュラムや履修登録の仕方も変わりうるから,あまり完璧にしても変えるのがまた大変だったりするからかな.成績が出てきて則すべての数字が算出されるようなシステムを組んでしまったが最後,間はブラックボックスになってしまって変えるのが大変.アナログの良さは確かにありますですよね.

人気ブログランキングへ←年度末の一連の会議もそろそろ山越えつつある



by inui56 | 2012-03-08 06:37 | 大学

↑ 携帯の方はこちらから.乾睦子のマルチタスクな日常.坊9才,嬢6歳.
by inui56
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧